FC2ブログ

banner_setsuden03.jpg


連日 テレビを見ても、新聞を呼んでも涙がとまらない。

夫の仕事のひとつのプロジェクトに参加予定の方がいました。

その方は福島出身の方でした。

ご実家は 津波の被害にあい、流されてしまったそうです。

そして、その方のお父様は 福島の原発で今もなお作業に当たっているそうです。


今は 多くの人ががんばっています。

いやこの災害と戦っているのかもしれません。

まさに現場でがんばっているんです。

応援しかできないけれど、

被災者の方に届きますように。

救助隊の方に届きますように。

原発で 放射能と向き合いながら働いている人に届きますよに。



涙を名が知るだけでは何も救えない。

今ある普通の暮らしに感謝しつつ、

復興までの道のりを支えていけるように、

私なりに できることを がんばります。


こんな想像を絶する状況の中でも、

分かち合い、助けない、絶えている。

そしてそれを必死に応援している人たち。

ああ、私はこんなにも美しい国に生まれたんだなあ。




節電バナープロジェクト
スポンサーサイト



| ヒビ | 10:32 │Comments1 | Trackbacks0編集

| main | next »

プロフィール

kei

Author:kei
オットとムスメとムスコの4人家族。
期間限定(の予定)で都会生活スタートしました。
珍道中な毎日です。

webstgram

どこ行く?

どこ住む?

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)

欲しいもの

使用中のおすすめ♪

FC2カウンター

カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる